琵琶湖疎水(山科疎水)周辺駐車場

乗り物を選ぶ

35件中 1〜10件目を表示

琵琶湖疎水(山科疎水)について

琵琶湖疏水とは、琵琶湖の湖水を西隣の京都市へ流すため、明治時代に作られた水路(疏水)である。琵琶湖疏水の着工は1885(明治18)年。当時の土木建設の常識を大きく超え、なんと京都府の年間予算の約2倍という巨額の費用と約5年という歳月を費やし、さらに最新の技術を投入して造られた。背景には、明治維新と東京への事実上の首都移転によって、活気をなくした京都を再び繁栄させるという大きな目的があった。完成をみた琵琶湖疏水は、水運に加え、上水道、灌漑、そして日本初の事業用水力発電などに活用され、京都の近代化に大きく貢献した。疏水が流れるのは、びわ湖畔の三保ヶ崎から伏見・濠川までの約20㎞。琵琶湖疏水の洞門や橋、南禅寺・水路閣、レンガ造りのポンプ室などのモダンな建築物からは、今も当時の歴史や面影を感じることができる。このページでは「琵琶湖疎水(山科疎水)」から近くてお得な駐車場を紹介しています。